間界は「憂き世」であり、そこでは苦労が絶えない。天下は自分の思い通り運ばないものである。人生航路の舵取りの難しさである。しかし、よくよく考えれば、この難しさの中に人生の喜びと愉しみが横たわっている。
  一方、流行に乗せられ、安易に時めいていると、思わぬ失望や悲しみが襲ってくる。
  人生航路の舵取りは難しいだけに、油断は禁物であり、人間は生涯休めないようになっている。
  だが、緊張し放しでは問題だが、「無意識の緊張の術」くらいは心得ておきたいものである。

  気軽にご参加下さい。





拡大表示
  

【平成30年】12月22日(土) 開催決定!
18:0021:00迄  参加無料
会場:北九州市小倉南区志井6丁目11-13
   尚道館 二階の囲炉裏の部屋

※定員に達したため、今回の募集は終了しました。
次回は平成31年1月26日開催です。

詳しくはこちら


   2018年10月12日更新 





囲炉裏を囲んで、古人の智慧に興じる……。
 これが人生を深め、見識を持ち、胆識を備える橋頭堡となる。あなたも夜咄に興じて、生き方の足掛かりを掴んでみてはいかがだろうか。

夜咄会のテーマ     


過去集1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜7071〜8081〜9091〜100101〜110111〜120121〜130131〜140141〜150151〜160161〜170171〜180181〜190191〜200201〜210211〜220221〜230231〜240241〜250251〜260261〜270271〜280281〜290291〜300301〜310index


知験の噺

 人の年輪には、単に経験や体験のみでなく、学んだことによる知験というものが加味されている。
 能(よ)く学んだ者は、道を誤ることが少ない。知験が生きていて、常時、思考に活かされているからである。


心を遊ばせない

 隙(すき)を作らず、心を一時も遊ばせなければ退屈する暇もないし、時間を持て余すこともなく、またボケる暇もない。
 隙を作らない。常に、ほどよい緊張が持続されている……。この条件下において、心の鍛錬がなされる。


家風の噺

 家には家風と言うものがある。この家風は、心骨の在(あ)り方で形に顕われ、それが同時に家風に反映される。


人の器

 他人(ひと)を侮(あなど)らなければ、これまで研鑽した智慧(ちえ)は無尽蔵に発揮される。それはまた、智慧を許容量を広げ、その収得においても器(うつわ)を大きくする。


真当の強さ

 人の強さは、逆風や窮地に立たされた時に顕われる。また窮地に立たされ、逆風の中を歩いてみなければ、真当(ほんとう)の強さは分からない。
 また、人は相手に敵対するばかりでは真当の強さは分からない。憎むばかりでは、強さに値しない。ときには相手を尊敬してこそ、その人の真当の強さが分かる。


恐れず、侮らず

 人の世を生きるには、呼吸を読むと言う秋(とき)を知る力が必要である。その力の源泉は智慧(ちえ)であり、勇気である。併せて、他人(ひと)の心を読んで、駆引きする独特の呼吸である。
 盛者必衰が世の常ならば、盛衰を智慧と徳に置き換えて、恐れず、侮らずで往(い)きたいものである。


毅然とする

 我利が横行する現代社会にあって、それらの付和雷同(ふわ‐らいどう)に陥らず、我利を横に置いて、自らは誘惑されず、毅然(きぜん)としていたいものである。
 自らの果たしうる仕事に対して、量が少なくとも、必ずしも恥ずべきことではあるまい。しかし、仕事の質だけは、常に最上のものを心掛ければ、我利に振り回されることはない。そこに毅然とした態度が顕われる。


有害と有用

 強気で物をいう弱い人は、弱いことをいう人よりも、しばしば有害である。
 一方で、弱いことをいう強い人は、強いことをいう強者よりも、常に有用である。


人の才

 人には才智と言うものがある。あるいは才覚と言うものがある。しかし、その「才」を、小智または狡猾(こうかつ)と採(と)れば、それが卑称(ひしょう)ということになる。
 才は他人(ひと)を自己の感情を通して検(み)ている場合、それは愛憎に他ならないからである。
 才は、理性で捉えようとする場合においてのみ、有効に働くものであるからだ。


客観の眼

 奇手(きて)というものは、万策尽きてから始めて現れるものもである。万策尽きれば、物事を客観的に見る観察眼が生まれるからである。これが、物事を客観的に検(み)るということで、これは感情では推(お)し量(はか)れないものである。心の眼が開くからである。これを開眼(かいげん)という。