間界は「憂き世」であり、そこでは苦労が絶えない。天下は自分の思い通り運ばないものである。人生航路の舵取りの難しさである。しかし、よくよく考えれば、この難しさの中に人生の喜びと愉しみが横たわっている。
  一方、流行に乗せられ、安易に時めいていると、思わぬ失望や悲しみが襲ってくる。
  人生航路の舵取りは難しいだけに、油断は禁物であり、人間は生涯休めないようになっている。
  だが、緊張し放しでは問題だが、「無意識の緊張の術」くらいは心得ておきたいものである。

◆◆◆ 春・夏・秋・冬、季節を楽しむ夜咄会◆◆◆

  々、これ好日……。
雨が降ったら降ったで好し、
風が吹いたら吹いたで好し。
雪が降れば降ったで好し。
晴れればなお好し。また曇りも好し。
人生は日々好日の中にある。これを知るのが風流なのである。
人生は、あくせく多忙に追われて働くだけが人生でない。

  流に関心のお持ちの方は、お気軽にお越し下さい。入場無料、予約受付。





拡大表示
  

【令和元年】6月22日(土) 開催決定!
18:0021:00迄  参加無料
会場:北九州市小倉南区志井6丁目11-13
   尚道館 二階の囲炉裏の部屋

詳しくはこちら


   2018年10月12日更新 






囲炉裏を囲んで、古人の智慧に興じる……。
 これが人生を深め、見識を持ち、胆識を備える橋頭堡となる。あなたも夜咄に興じて、生き方の足掛かりを掴んでみてはいかがだろうか。

夜咄会のテーマ     


過去集1〜310(※Daitouryu.net)311〜320321〜330331〜340341〜350351〜360361〜370371〜380381〜390391〜400401〜410411〜420421〜430431〜440




人間は困苦と欠乏によって鍛錬される。
楽天的で向こう見ず。そんな生き方もいい。
人間関係が難しくなった現代、この時代に生きるためには知恵が要る。
真情をもって対応すれば、他人は心を動かしてくれる。
老いれば孤独と寂寥に耐えなければならない。


古い物の中から探す新たな価値観

 人がするからしない。人が選ぶから選ばない。人が行かないから行く。大穴とか、穴場が人が捨てたところに価値観を見出すことである。
 大勢の人が見向きもしないものを見出して、人の心を掴むことに成功した人物がいる。
 ロスチャイルド家の初代であるマイヤー・アムシェルである。
 中部ドイツの町ハノーバーで、銀行奉公をしていたマイヤーは故郷に戻ったとき、既に両親は亡く、二人の兄が古物商をしていた。マイヤーも兄たちに倣(なら)って食い扶持(ふち)を得るために古物商を始めたが、彼の商売は一風変わっていた。兄たち倣ったのだが、同じ古物商でも商う古物が違っていた。古いお金を蒐集する古銭商になったのである。
 ふつうの人ならガラクタ同然で、既に通貨価値は失ってしまった見向きもしない古銭だが、彼はそれを安く買い取り、これまで積み上げて来た経験と智慧を駆使して、古銭の一つひとつに、由来と口上を記すという形で付加価値を付けて、手製のパンフレットを作成したのである。そして、そのパンフレットを領主や貴族たちに郵送したのである。
 たちまち貴族たちの関心を惹(ひ)き、ついに領主から直々に注文を賜ることになった。ここからマイヤーが世界を動かすロスチャイルド王国に踏み出す第一歩であった。


嫉妬社会

 これからの世界はその他大勢の大衆が知らないところで、恐ろしいまでに科学は歪(ゆが)められていくだろう。その歪みの顕著な例が、当今のネット社会である。
 此処では熾烈(しれつ)な足の引っ張り合がなされている。そこには烈しい嫉妬があるからだ。


晩年の大事

 『菜根譚』はいう。
 「口当たりのよい珍味は、これを過ごせば胃腸を損ない、五体を傷つける毒薬になる。美食に溺(おぼ)れること無く、『程々(ほどほど)』で止めておけば害はあるまい。心を喜ばす楽しみ事は、これに耽(ふけ)れば身を誤り、人格を傷つける原因になる。楽しさに溺れること無く、『程々』で手を引けば、後悔することもあるまい」
 大事なことは、「喜ぶ」と「楽しむ」を同時に貪ると、結末は哀れだということである。それは偏るからである。
 本来、楽しむだけで終わらせておけばいいものを、これに「喜ぶ」を加えて、両方を貪ると最後は悲しむべき最後、あるいは晩年が俟(ま)っていることだ。
 更に『菜根譚』はいう。
 「声妓(せいき)も晩景に良に従えば、一世のエン花(エン花の「えん」の字がないので作字。月(にくづき)に因で、エンと読む)、碍(さまたげ)なし。貞婦も白頭の守りを失えば、半生の清苦、倶(とも)に非なり。語に言う。『人を看(み)るにはただ後の半截(はんせつ)を看よ』と。真(まこと)に名言なり」
 つまり『菜根譚』の著者・洪自誠は、若い頃、あばずれで浮き草暮らしをしていた娼婦のような女でも、歳を取ってから身を正してよい夫を見付け晩婚であっても、これまでの過去の悪行や浮気の数々は帳消しになる。
 人生というものは老後にあるからだ。齢(よわい)六十を過ぎ、七十になり八十になれば、一瞬のうちに時が過ぎ去っていくのが分かろう。これまでを振り返って、五十年、六十年の人生が苦しんだか、いい思いをしたか贅沢をしたかはたいした問題ではない。
 しかし、六十を過ぎ七十に差し掛かった頃から、この老齢期の一時間とか一日と言うのは、若い頃に比べてもの凄く大事ないのである。その大事な一日において、享楽や快楽にうつつをぬかす暇はなく、かの佐藤一斎が『言志四録』でいうように「老いて学べば、死しても朽ちず」の境地に至るか、そうでないかが、その人の人生の幸・不幸の明暗を分けるのである。
 則ち、真当の「愉しみ」は、この時期に「ああ、ほんとうによかった」と思って暮らせるかどうかである。少なくとも物見遊山に遊び呆(ほう)けることをすることではあるまい。学んだかどうかである。それが、理性を絡ませた愉(たの)しみなのである。
 一方、若い頃、純潔を守り通し、如何に身を慎み、身を清潔に徹した貞淑な才女でも、五十、六十の歳に至って、若作りをして男漁りを始めたり、愛だ恋だに現(うつつ)を抜かせば、晩節を穢(けが)すことになり、これまで折角守って来た貞操は、この愚かな一事で総て台無しになり、若い頃の悪態の限りを尽くした“あばずれ女”以下になってしまう。その愚を指摘しているのである。
 ゆえに、古語には「人を看るには、その晩年を看よ」というのは、まさに名言であり、大正解と言っているのである。
 もし、あなたが現在、五十の折り返し点に到達した人として、平均寿命年で言えば、男が死にまでに26年弱、女が死ぬまでに32年弱となるのだが、果たしてこの期間に何をして、何を考えて生きるのだろうか。
 この残された期間は、生まれてから50年間という時間とは根本的に違うのだが、この違いが克明に認識出来るだろうか。
 五十に達したある男は、俺は死ぬまでに26年もある。またある女は死ぬまでに32年もある。
 ところが、この死にまでに残されたこの時間は、死ぬまで五体(五臓六腑の一切を含む)が健康で、健全な頭脳で物事を識別出来るということが前提となるが、おそらく残された時間の半分以上を病魔との戦いに費やされ、濃縮な時間の実働時間は、この半分以下ではあるまいか。実働時間とは「健康・健全時間」に置き換えられる。つまり、その時間は半分以下なのだ。
 いま健康な男は濃縮時間の実働が13年以下、健康な女としてその実働時間は16年以下となる。
 さて、この時間をどう使うか、そこに、あなたの人生の総てが掛かっているのである。


現代の廃人の製造システム

 ほんのひととき、ちやほやされ、天狗になっているPCエンジニアも結局はスキル芸者。遣われて、酷使され、遣うだけ使いまわされて気付いたらボロボロ。人間性まで失っている。意気に感じたり、理想に燃えることはない。義憤(ぎふん)に滾(たぎ)る精神すら失っている。
 しかし気付く者はまだ良い。
 多くは気付かぬまま、自覚症状も感じないまま廃人になっていく。ネット世界の幻影を見たまま、半永久的にこの世界の幻影につきまとわれる。現代の廃人の製造システムの現実である。


目に誑かされる

 予想不可能な時代は、何でも真実になる。偶像を勝手に造っても、出来がよければ真実として映される。
 映像世界とは目に誑(たぶら)かされる時代を派生させた。
 「汝(なんじ)、目に誑かされる」
 鎌倉初期の禅僧・道元禅師の言葉である。当今こそ、この言葉がピッタリ当て嵌まる時代はあるまい。


理想郷

 改竄(かいざん)と失望のあるとことからは去る……。賢明な判断だろう。そこには幻影しかないからだ。
 かわって真実と希望のあるところには足を向けて進む。そこには理想郷があるからだ。


滅びの暗示

 当今はマスコミ誘導によって老若男女が、殆どロボトミー化された。日本はこの縮図の中に置かれた。
 急激な変化の裏には、当今猛威を揮っているネット社会が背景にある。
 この社会は一見、便利で快適で、豊かさすら感じさせる。しかし、それは仮想の上に作られたバーチャル世界の幻影に過ぎない。それゆえ、この幻影に滅びの暗示が漂うのである。


志と理想

 人の世の理想は現実の中で迫害される。また、個人の掲げる志も同じである。人間の感じる挫折とは、そうした側面に転がっている。
 しかし、これに抗(あらが)って挫けないことこそ、志であり、理想である。それを棄てない。これこそ勇者の証(あかし)である。


文明の崩壊

 富んでも愚者は居るし、貧しても賢者が居る。しかし前者は圧倒的多数で、後者は一握りの少数に過ぎない。少数の貧窮する賢者が起(た)つよき、世の中には光明に光が顕われる。だが、富んだ愚者の霊的神性が曇らされている時間が長ければ、文明は亡びに向う。


密告社会

 恐怖心から有ること無いこと、みな密告する。こういう社会は「まとも」であるまい。
 管理され監督される社会とは、強大な軍隊と内部警察機構により、国民が階級化され、機能化され、家畜になる世の中をいう。