インデックスへ  
はじめに 大東流とは? 技法体系 入門方法 書籍案内
 トップページ >> はじめに >> 「武道」でなく「武術」の語を用いるわけ(一) >>
 
西郷派大東流と武士道
“花は桜、人は武士”といわれるほど、桜は人の生き態を象徴するような樹木である。それは恐らく、散り際が潔いからであろう。
 かつてのサムライ階級は、生きながらにして、自らの死生観(しじょう‐かん)を明らかにしなければならなかった。つまり「死」を明瞭にさせることであった。此処に「死の哲学」があったと思われる。
 また、これは武儀の「術」に結びつき、知る者とそうでない者の明暗を分けた。

■ 「武道」でなく「武術」の語を用いるわけ ■
(「ぶどう」でなく「ぶじゅつ」のごをもちいるわけ)

●秘伝の玄理

 古来より、「武の術」は精神である心と、伎倆(ぎりょう)である技術を、「帰納統一」したものであるが、かつて武田家の重臣・馬場美濃守信房(ばば‐みの‐の‐かみ‐のぶふさ)は、「兵法者(ひょうほう‐しゃ)とは寔(まこと)に、小賢しき者なり。踏み倒し、押し倒し、首を掻(か)くべし」といった。
 これは戦場では、「姑息な術」は通用しないといったもので、これまでの修練の賜物であった百術を“一刀”に賭(か)け、また生死を一気に凝集して、猛進猛撃した者が勝つこと教えたものである。

 つまり、戦場と室内の道場稽古とは、全く違うと言うことを教えている。また戦場と、室内で練った道場内の修練では、戦場では勝てないことを教えている。それは自然を相手にしないからであろう。人を相手にして、小手先の作為に頼り、ただそれだけに、自然を相手にしていないのだ。ここに「室内稽古の愚」があるといえよう。

 では戦場では、どう対すればよいのか。
 それは心・気・力の一致であり、一気に「帰納統一」する、必勝の極意があることを、馬場信房は教えた。これこそが秘伝であり、これを無視して、“姑息な術”に頼るなどの、愚かしい、誇大宣伝同様の、似非(えせ)秘伝など、有り得る筈(はず)がない。

 これを更に解釈すれば、例えば一刀流ならば、「一刀」に帰納統一すべきだと教えているし、二刀流ならば「二刀」をもって、それに帰納するべきだと教えている。
 これは宮本武蔵の、「一刀に使い為(な)されんが為に、二刀を用いさすなり。故にわが流は“二天一流”という」と説いたものと同じである。

 勝負と言うものは、「瞬時」のものである。長き時間は要しないのである。瞬時に勝負が決し、残るものは、“生か死か”である。そもそも真剣勝負とは、そうしたものである。
 どんなに大力で、体格や体力に優れ、あるいは大東流の自慢する数多き、二千数百の“千変万化の技”を覚えていても、それを使用する間もなく、一瞬にして、一気に生と死が分けられれしまうのである。この明暗こそ、命を張った「勝負の世界」であり、生死をかける以上、愚かしい「引き分け」などはない。総ては“生きるか死ぬか”に回帰される。したがって、スポーツ全般や競技武道や格闘技に見られる、ルール違反も、何もなく、単に生死のよってその明暗を分けるだけである。

 生死を賭(か)け、命を遣(や)り取りする以上、普段から、目立たぬところで修練に修練を重ね、死生観を超越して、鍛え上げた渾身(こんしん)の力と、その結果として生まれた伎倆(ぎりょう)を如何なく発揮して、それを「平常心」の境地の如く、戦場で用いなければならない。そうすることにより、敵の殺意が察知できるのである。殺意は、「意念」であるから、勘を研ぎ澄ませば、感得しやすい。
 そして、ここでいう「戦場」とは、戦闘ステージのことである。このステージでは、古来より、人間の命の遣(や)り取りが為(な)されてきた。

 戦場は「戦う舞台」であり、その中に総てが凝縮されている。
 その代表例が、相撲で言う「土俵」でないだろうか。
 土俵は、江戸中期に発明された画期的な観客寄せの、興行師の“飯の種”であったが、力士同士の伎倆(ぎりょう)を凝縮させて、一気に帰納させる為には、土俵は恰好(かっこう)の材料であった。力士が暴れまわるには、極めて狭い土俵に入り、そこで勝負を決めさせると言うのは、確かに素人観客にも、勝敗の行方は分かりやすいのであるが、それは同時に、勝負の世界で、力士が短時間の勝負を決める恰好の場所であった。

 普通、相撲の世界で勝敗を決するのは、20秒以内と謂(い)われている。この“20秒”と言う短時間に、その勝負か決まったのである。したがって、1分を越える勝負は、一旦中断され、水を与えて、休息を与えたのである。
 これは相撲と言う勝負の世界が、1分以内に、渾身(こんしん)の力を集中させて、勝負を決すると言う、凄まじさにあろう。

 「相撲をとる」のであるから、だらだらと、ゆるゆると遣(や)っておれば、体力と技能の持ち主である力士は、2時間でも、3時間でも、揉(も)み合い、圧(へ)し合い、長引かせることが出来よう。しかし力士は、僅か“20秒”と言う短時間に、死ぬほどの渾身の力を発揮し、一気に決着をつけてしまう。これは「力の集中」と言うべきものであろう。

 こうして考えてくると、相撲の妙儀(みょうぎ)「短時間で決する」というものと、武術で言う「術を以て生死を分ける」というのは、それぞれに共通の意義を持っていることが分かろう。

 かつて武士階級では、相撲が大いに奨励された。それは以上に説明したことによる。気力の一気集中と、帰納統一が可能なことから、相撲が必勝の極意とされたからである。特に、「数秒以内」という“秒”の単位の短時間で、決着をつけるさまは、武士が修練するに相応しい武芸修行の基本とされた。そこには「生死の刹那(せつな)が集約されていたからだ。

 そして江戸期において、武芸が奨励された背後には、帰納統一の面で優れていて、心技を「一(いつ)に統一するものとして、相撲は「万芸の親」とされた。また相撲は、体力を養うだけではなく、武術修行の、愚じゃ愚じゃ謂(い)わず、一瞬にして勝負を決する即決の、「帰納の理」に適(かな)っていたからである。口で言い争うより、強弱を一気に行動により決着させる「即決性」があった。これが、そもそも「戦い」の基本であろう。戦争もこの原理によって起こる。

 そもそも武術とは、心身の作用を帰納して、心・気・力を一気に凝結させ、その力を以て敵を討ち、勝敗を即決したものである。勝負を早く決めることこそ、心身統一の要諦(ようてい)であった。

 しかし、敵も吾(われ)と同等の修練をし、心身を統一させた者は、そう簡単には敗れない。一気に勝ち得ることなどあり得ない。その時は、千変万化の技を施し、持てる限りの技を出し尽くし、戦いが長時間にわたることがある。そこで問題になるのは、長時間に及ぶのであるから、「疲れない体質」である。くれぐれも間違ってはならないのは、疲れない体力ではなく、「疲れない体質」であることだ。これは「得意な体質」を謂(い)う。

 力というものは、出し続ければその後、補給の為に、かなりの休息時間が居る。しかし質は、力でないから、順応性があり、力に対抗できる。つまり、疲れない体力ではなく、疲れない、丈夫な、順応性のある体質である。この体質を以て、「疲れない底力」で敵を討たなければならない。

 その場合、過去の真剣勝負のデータから分析すれば、「最後の5分」と言われる。最後の5分に疲弊(ひへい)しなければ、長試合のとき、それに耐えて生き残ることが出来るのである。生きることは、かくも、このような事を言うのである。
 この「生き残る」ということを顕(あらわ)したのが、「秘伝」である。

 さて、古流武術の世界では、いつの時代も、時空を超えた秘伝が存在した。秘かに一子相伝(いっし‐そうでん)の形式で伝授されてきたのである。
 したがって秘伝は大衆化される事なく、秘密が秘密として陰に隠され、その全貌(ぜんぼう)は決して明かされる事はなかった。此処に「秘伝」の「秘伝」たる所以がある。

 現在、普及している多くのスポーツ武道を見てみると、大衆化路線をひたすら走り、競技的にスポーツ化し、観戦客を意識して、アメリカナイズする事を普及の第一の目的とし、次に老若男女にも親しめるものというイメージを前面に強く打ち出し、その宣伝に余念がないようである。これが「ゲーム化」である。
 ここに古来より秘密情報として伝承された、日本武術の「秘伝」の崩壊の一面がある。

 誰にも親しめ、スポーツ的にゲームを楽しんだり、アメリカナイズされて、お揃のユニホームでファッショナブルに統一された運動着や道衣を着る事は、一見スマートであり、最も大衆が好むファッションであるが、その武技一つ一つを見た場合、その技術構成はスピードと筋力に頼り、筋トレの補足練習をして、体力で押し捲って基本のぶつけ合いに終始し、最短距離を通る直線の運動軌跡を採るスポーツ的な武道が殆どとなってしまった。
 そして戦前の、あるいは昭和の初期までには恐らく存在していたであろうと思われる、本当の意味での「秘伝」が消え去ってしまった観が否めない。

 だが、今日それを振り返ると、「秘伝」はアメリカナイズの変貌(へんぼう)の裏側で消滅し、そして名目上「秘伝」と云う言葉は、表向きには使われてはいるが、本当の意味では、最早(もはや)死語に近い状態になってしまっている。
 したがって、「小が大を倒す」という“秘法”が無くなり、専(もっぱ)ら手の早い者が、遅い者を叩き、力のある者が力なき者を倒しているだけの事であり、柔道の専売特許のように盛んに使われた「柔能剛を制す」の言葉も、今日では死語同然になっている。
 現に柔道は、“柔道”と言いながら重量別の、力でねじ伏せる“剛道”になってしまっている。

 その大きな原因は、明治維新以降、日本古来の武術を、武道に置き換えた処にあり、これはただ名前や、名称を置き換えただけではなく、その武技を大衆化する為に複雑なものを簡化し、危険なもの省略して、広く親しめるように、武技の外郭(がいかく)のみの秘密情報を公開した為である。尊厳すべき秘密情報を一般に公開し、秘密が秘密でなくなってしまった今日、武道は、欧米のスポーツ式トレーニング法を模倣し、アメリカナイズの道を選択してしまった観が強いだろう。

 ある意味で一般公開は、多くの研究者から研究され、暴(あば)かれる運命を辿るのは必然の理である。研究され、詳細な部分まで暴かれてしまえば、それは相手に「封じ手」を研究される事となり、秘密情報として隠されていたものが、広く知られてしまうという実情を招いたのである。だが、これで秘密情報が全部出揃った訳ではない。

 「密」なる秘密情報は、その複雑さから簡化された為、その要締(真諦)を外してしまい、「要」の部分を放棄したという形になった。つまり総てが、俗諦(表向きの方便)になってしまい、その奥儀として存在した呼吸法や、修練に必要な行法を無視したという訳である。この結果、武道は武術に非常によく類似しているが、その根本は全く異質のものである。
 それを要約すれば、次のようになる。

その第一
武術は、健康法として有効な体躯(たいいく)を造る。即ち、中肉中背の中庸を体躯の基本とする。また武術そのものには、正しい呼吸法が存在する。従って古来より武術家は長寿である。
その第二
それに反して武道は、運動の術理が直線的な運動軌跡を通り、これを強化する為には、スポーツと同様にスピードと筋力養成が急務であり、力と力のぶつけ合いとなる。また、その運動線が最短距離を通る為、軌跡が迂回を描く螺旋的な動きをする事がなく、更に付け加えるならば呼吸が浅く、心臓に多くの負担を掛け心臓肥大を招き、熱心に遣(や)れば遣る程、健康を害する。また、直線的なぶつかり合いが生じる為に、怪我や故障が多くなる。
その第三
この事はスポーツ武道選手が度々故障しているのを見れば一目瞭然である。また、呼吸法に大きな誤りがある為、腰、膝、足首、手首、肘、肩、頸、脳の毛細血管切断等の故障が多く、老化を早め、短命に終わる結果を招く。これは力士などの多く見られる。

 この両者の違いは、一つは、競技を目的とする武道が、基本技と基本技のぶつけ合いになっているのに対し、武術は基本技の重視より、「秘伝」に則った“秘術の技法”を使う為、力以外で相手と戦う事になる。

 武道はスポーツ競技のように大量に汗をかき、その発汗が大量のナトリウム放出となり、躰を弱め、短命で終わる人生を余儀なくするのである。
 これに対し、武術は汗をかく事が殆どなく、相手の力を「秘伝」という術と、霊的(勘)な一面を含めた技法で相手を制する事を目的にしている為、此処に両者の次元の違いが生ずる。

 また、武道の術理は、一対一の相対的なスポーツ平面の二次元的な、直線の術理の上に成り立ち、年齢別・階級別の西洋スポーツ的な模倣が必要となる。これは若い間が華(はな)であり、そして「口伝」「秘伝」というものが存在しない。

 だが「武」の原点に振り返れば、「戦い」はそういうものでなかった。
 日々の精進が必要であり、武術の日常性は、一日一日を常に実戦の場、あるいは修行の場と考え、武術家としての「勘」を養い、霊的神性を養う事を目的にして来た。そこには霊的な力と、先人の培った「智恵」や「口伝」が存在し、素手以外に諸々の武具を使う為に、総合的な武技を会得する事が出来た。

 また立体的、あるいは空間的であり、三次元以上の術理で構築されていた。此処にスポーツとは次元が違う世界が存在していたのである。


戻る << 武道と武術(一) >> 次へ
 Introduction
   
    
トップ リンク お問い合わせ