インデックスへ  
はじめに 大東流とは? 技法体系 入門方法 書籍案内
 トップページ >> 技法体系 >> 手裏剣術 >> 合気手裏剣術(六) >>
 
戦闘の本質を問う詭道の兵法

■ 合気手裏剣術■
(あいきしゅりけんじゅつ)

【西郷派大東流手裏剣術・道場案内】

 西郷派大東流合気武術の道場において、次の道場で手裏剣術を指導しております。詳細や場所の確認は下記の道場をクリックしてください。

●総本部尚道館 道場詳細案内

●習志野綱武館 道場詳細案内

 

鍛冶師が鍛えた本鍛えの、本格的な四稜稽古用手裏剣

▲四稜大手裏剣(2間から中距離以上)

四稜大手裏剣の構造並びに仕様:
手裏剣の種類:
四稜手裏剣。剣尾には革や馬の毛を巻く為の直径3mmの通し穴1個。

全長:165mm 四稜部分の全長:90mm
四稜刃渡り:45mm 最大鰓幅:16mm
剣尾幅:8mm 重量:130

製作日程:一本一本、手づくりの為、お届け納品はご注文を頂いて、約一ヵ月。

販売価格:

・本体のみの四本セット販売定価 22,000円
・本体のみの一本単品販売定価  6,000円
 

▲四稜中手裏剣(1間から中距離まで)

四稜中手裏剣の構造並びに仕様:
手裏剣の種類:
四稜手裏剣。剣尾には革や馬の毛を巻く為の直径2,5mmの通し穴1個。

全長:165mm 四稜部分の全長:90mm
四稜刃渡り:45mm 最大鰓幅:15mm
剣尾幅:5mm 重量:100

製作日程:一本一本、手づくりの為、お届け納品はご注文を頂いて、約一ヵ月。

販売価格: ・本体のみの四本セット販売定価 22,000円
・本体のみの一本単品販売定価  6,000円


長距離打・手裏剣

本格的な鍛冶師の鍛えた長距離打・手裏剣
 

手裏剣の構造並びに仕様:
手裏剣の種類:
四稜手裏剣。剣尾には革や馬の毛を捲く為の直径3.2mmの通し穴の剣尾孔1個。
(玉鋼を鋼材として本鍛え。尖先から刃部のみ機械研磨)
飛距離:五間(約18.18m)から約20mを設定。また、最大鰓幅を17mmと大きくしている為、剣尾に方向舵として、房ならびに皮や馬の毛を捲けば安定が良い。

全長:210mm 四稜部分の全長95mm 【註】各寸法および重量は鍛冶師「手づくり」の為、若干の誤差があります。
四稜刃渡り:45mm 最大鰓幅:17mm
剣尾幅:6mm 重量:170g前後

製作日程:一本一本、手づくりの為、お届け納品はご注文を頂いて、約一ヵ月。

販売価格: ・本体のみの一本単品販売定価  7,500円


尖先六角長距離打・手裏剣

本格的な鍛冶師の鍛えた長距離打・手裏剣

手裏剣の構造並びに仕様:
手裏剣の種類:
四稜手裏剣。剣尾には革や馬の毛を捲く為の直径3.2mmの通し穴の剣尾孔1個。
(玉鋼を鋼材として本鍛え。尖先から刃部のみ機械研磨)
飛距離:五間(約18.18m)から十間(約20m)を設定。また、最大鰓幅を15mmと大きくしている為、剣尾に方向舵として、房ならびに皮や馬の毛を捲けば安定が良い。
【註】銃刀法改正の為、六角刃渡り部を45mmに変更。

全長:210mm 四稜部分の全長90mm 【註】各寸法および重量は鍛冶師「手づくり」の為、若干の誤差があります。
六角刃渡り:45mm 最大鰓幅:15mm
剣尾幅:5mm 重量:160g前後

製作日程:一本一本、手づくりの為、お届け納品はご注文を頂いて、約一ヵ月。

販売価格: ・本体のみの一本単品販売定価  8,500円


八角長距離打・手裏剣

本格的な鍛冶師の鍛えた長距離打・手裏剣(全体研ぎ上げ)

手裏剣の構造並びに仕様:
手裏剣の種類:
八角長距離打・手裏剣。剣尾には革や馬の毛を捲く為の直径3.2mmの通し穴の剣尾孔1個。
(玉鋼を鋼材として本鍛え。尖先から刃部のみ機械研磨)
飛距離:五間(約18.18m)から十間(約20m)を設定。また、最大鰓幅を17mmと大きくしている為、剣尾に方向舵として、房ならびに皮や馬の毛を捲けば安定が良い。

全長:210mm 四稜部分の全長80mm 【註】各寸法および重量は鍛冶師「手づくり」の為、若干の誤差があります。
八角刃渡り:45mm 最大鰓幅:13mm
剣尾幅:5mm 重量:130g前後

製作日程:一本一本、手づくりの為、お届け納品はご注文を頂いて、約一ヵ月。

販売価格: ・本体のみの一本単品販売定価  18,000

 

 いずれもご注文を頂いて、お届け納品までに約一ヵ月の製作日数を要します。
なお、本商品には、手裏剣を仕舞う革袋などは附随されていませんので、購入後は自作で手裏剣革袋を製作する事を御薦めします。

四稜 大・中 手裏剣ご注文ページへ

 

以降の掲載項目はhttp://www.daitouryu.net/へ移動しました。
購読希望の方はこちらをご覧下さい。


戻る << 合気手裏剣術(六)
 
Technique
   
    
トップ リンク お問い合わせ